midashi

イメージ写真

環境にやさしいリサイクルの輪を広げます。

アイテックでは、自社商品の業務用ハブラシセットにおけるリサイクル・システムを確立しています。皆様のご協力により回収した使用済みのハブラシセットを廃プラ・ペレット(固形燃料)に再生し、熱資源として再利用する「サーマル・リサイクル」です。ぜひ、私どものハブラシセットのリサイクルにご協力下さい。
また、本来工場から出るはずの排出プラスティックを低減するため、再生樹脂を率先してお客様にご案内しています。

ダイオキシンを抑える「ゼオレックス」を採用しています。

お客様から、「ハブラシを燃やしたらダイオキシンは発生しますか?」とよく質問を受けます。私たちはそれに対して「出ません!でも出ます」とお答えしています。矛盾を感じられるようですが、当社が製造するハブラシの材質を行政が指導する処理場で焼却する場合ダイオキシンは発生しません。ただ、ハブラシだけを焼却する処理場があるでしょうか?あらゆるゴミが集められて処理されるのがごく一般的です。様々なゴミと一緒に焼却されると基準値以下ではありますがダイオキシンは必ず発生され、少量といえども大気に排出されてしまいます。そこで、排出されるダイオキシン等有害物質を少しでも減らす狙いで、包装資材の「ゼオレックス使用」をお勧めしております。
このゼオレックスは、福助工業株式会社様が開発した包装資材で、これを焼却することで処理場から発生するダイオキシン等有害物質を取り込んで、大気排出量を抑えることが出来るのです。
私たちは、ゼオレックス使用の包装資材を客室アメニティに採用しています。大幅なコストアップもございませんので、ご採用されて包装資材の裏面にその趣旨を説明し、ご利用されるお客様にアピールされてはいかがでしょうか?